• ホーム
  • スタッフ紹介
  • 院へのアクセス
  • お客様の声

脂肪を揉んで痩せる?

2014年3月25日

こんにちは、暖かくなってきましたね。

春が来たなと日に日にかんじます。

暖かくなると、夏に向けてダイエット!!!

という方も増えてきたのではないでしょうか。

 

今日は脂肪細胞のお話しです。

世の中には”痩せる”という化粧品やクリームなどがありますが

脂肪細胞というのは揉んだ程度ではなくなりません。

脂肪を揉みだすうちに、その部分が柔らかくなっていくような気がしますが

これは、マッサージの効果によって筋肉がほぐれたためです。

 

また、外からつかむことができるのは、皮下脂肪のみで、

本当に落とさないといけない、健康上問題になるのは内臓脂肪です。

 

皮下脂肪は、体温を一定に保つ断熱材の役割や、エネルギーの貯蓄、

外的衝撃から内臓を守る役割を担っているのです。

 

よく肥満体型を表す言葉で「洋ナシ型」とは、皮下脂肪の多い肥満体型で

「リンゴ型」とは、内臓脂肪の多い肥満体型です。

内臓脂肪は、遊離脂肪酸に分解されたあと、直接、肝臓に入ります。

これは肝臓への負担が大きく脂肪肝などの肝機能障害をおこしやすいのです。

 

また皮下脂肪と異なり、これといった役割を持ちません。

しかし、生活習慣病を引き起こす原因となる、悪玉脂肪≪内臓脂肪≫は

食事療法、運動療法に反応しやすく、落ちやすい脂肪です。

やはり痩せることはこれしかないのです。

内臓脂肪はそもそも触れないし、飲むだけで痩せる魔法の薬は存在しません。

 

今年の夏に向けてダイエットを本気で考えるなら、

ストレスフリーの当院のダイエットをチェックしてみてくださいね。

https://hujimotoseikotuin.com/diet

お問い合わせ・ご予約は、TEL06-6435-0632

ページtopへ戻る