• ホーム
  • スタッフ紹介
  • 院へのアクセス
  • お客様の声

噛むことから健康を

2014年6月6日

 

いつまでも健康でいるために大切なこと。


 


実は私は歯が元々弱くて、虫歯になりやすいのですが


インプラントも、ブリッジも経験済みです。


インプラントは○○十万と払いましたが、10年たって、


またやり替えなければならなくなりました。


本当、歯は大切ですよね。


 


いつまでも健康でいるために

「噛むこと」はとても大切なことです。



食べ物をしっかり噛んで小さくすることは、


胃や腸での消化を助けることになります。


また、噛めば噛むほど出てくる唾液は、


食べ物と混ざると刺激性が抑えられて


食べ物が胃に優しくなる効果があります。



咀嚼で増える唾液の効果は、食べ物を分解する酵素や消毒、


抗炎症作用、歯を丈夫にする作用など、様々な成分でできています。


何もしていない時と比べて噛んでいるときには、


唾液の量が5~10倍も出ています。


 


また、咀嚼は、噛んだ刺激が歯から顎の骨に伝わり


骨の甲にある細胞が刺激され、栄養やカルシウムから


密度の高い骨を作ります。


噛むことは、顔の骨や筋肉を丈夫にしているのです。


 


現代は昔に比べて、柔らかい食べ物が多くなり必然的に


「噛む」回数が減りました。


「噛む」という行為は脳の機能が活性化され


認知症予防にもなることがわかっています。


 


しっかり噛むこと、ゆっくり時間をかけて食べる事


これができていれば、肥満になることも避けられます。


 


しかし、現代は食べ物の変化と、栄養バランスの変化、生活時間や、


ストレス、で正しいダイエットが難しい時代です。


自分ではなかなか続かない、リバウンドしたくない方は


こちらをご覧ください。

https://hujimotoseikotuin.com/diet


お問い合わせ・ご予約は、TEL06-6435-0632

ページtopへ戻る